« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004.01.20

【徒然日記】20040118

今日も点天の餃子を食べました。
試食をして、ベストな焼き具合の研究しつつ・・

だいぶうまく焼けるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然日記】20040117

競輪に行ってきました。
DSCF0279-2.jpg
関東は雪が降るとかで人が少なめでした。

DSCF0282-2.jpg

私はギャンブルよりもそこで食べれる食事を楽しみで競輪いきます。
モツ<白・黒>
牛すじ
すいとん
アジ、イカなどのフライ
焼きそば
さつまいも・じゃがいもの蒸かし etc...

DSCF0278.JPG
写真はモツ<白・黒>,牛すじです。こんなの普通のとこじゃ食べれないでしょw
関西ではモツ<白・黒>で食べれる所が結構あるみたいですね。関東ではほとんどみたことないです。
(私は東京在住)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.17

ミスド&ダスキンだすw

Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

ミスドのスープに虫 客の指摘で判明、販売中止

 清掃用品レンタル大手「ダスキン」(大阪府吹田市)は16日、運営するミスタードーナツの商品「ポテトクリームスープ」に虫が混入するトラブルが5件あり販売を中止したと発表した。
 同社によると、混入したのは野菜に付く害虫で体長1-2ミリのアザミウマの一種。昨年12月下旬から今月中旬、神戸市や滋賀県草津市などの5店舗でスープに入っているのを客が見つけた。
 食材に使うアスパラガスの先端部分に付着した虫が、加工途中で洗浄した際も取れなかったのが原因とみられる。スープは全国約1200店で昨年11月から300円で販売。今月までに約39万杯を売ったという。
 同社広報室は「混入の経緯は調査中だが、収穫と虫の発生時期が一致していたのかもしれない。お客さまに不安を与えないよう一時的に販売を取りやめた」と説明。「今後はアスパラの先端を切り落とすなど是正策が取れないか検討中」としている。(共同通信)
[1月16日20時51分更新]

この会社話題つきないですねw

こんだけ色々あると、他にもあるんじゃないかと邪推したりして。
そんでそんで、それを責任者が隠蔽していて、
でもやっぱり発覚して
「悪いと思っていたが、影響がないと考え公表しなかった」なんてコメントを責任者が春先しそうだな・・・
全部私の妄想ですけどw
ダスキンさんがんばってねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.16

ダスキン&ミスド キター!!

Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

ミスド肉まんに微量の銅 「影響なし」と販売続行

 清掃用品レンタル大手「ダスキン」(大阪府吹田市)は15日、運営するミスタードーナツの商品「ミスター肉まん」の一部に、銅の微粒子が付着していたと発表した。
 同社は「ごく微量で人体に影響はない」として販売を続行する一方、「消費者に不快感を与えないよう、下請けの製造会社に改善を求めている」と説明している。
 同社によるとミスター肉まんは昨年11月発売で、これまでに全国で約260万個売れた。
 昨年11月から12月にかけて、全国13店舗で、販売前の肉まん25個の表面に、青緑色の1-2ミリの斑点があるのを店の関係者が見つけた。また熊本県と神奈川県の店で肉まんを食べようとした客3人から「カビのようなものが付いている」と苦情があった。
 検査機関で調べたところ、カビではなく銅の微粒子と判明。異常のあった肉まん1個当たりの検出量は、大人1人が1日に摂取する許容限度の約0・06%だった。(共同通信)


この企業、香ばしいすぎますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.15

【徒然日記】20040114

DSCF0279-2.jpg
昨日うまく焼けなかったので、点天の餃子を叉買いました。

DSCF0278-3.jpg
今日はうまく行きましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.14

【徒然日記】20040111

点天の餃子を食べた。うまく焼けなかった、試食を食べて研究が必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【徒然日記】20040110

DSCF0272-2.jpg

横浜に行ってきました。写真が中華街。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!ニュース - 経済総合 - 毎日新聞

Yahoo!ニュース - 経済総合 - 毎日新聞

<BSE>米国牛肉の輸入禁止めぐり舌戦 吉野家社長と亀井農相

 BSE(牛海綿状脳症)の発生に伴う米国産牛肉の輸入禁止をめぐり、12日のNHKの報道番組で吉野家ディー・アンド・シーの安部修仁社長と亀井善之農相が、「安全・安心」と「需給の安定」を巡り“舌戦”を展開した。

 牛肉を全面的に米国産に頼ってきた安部社長は、政府が輸入再開に全頭検査か同等の安全対策が必要としていることについて「科学的な『安全』の根拠を超えた『安心』の基準は情緒的で、いたずらに輸入がストップして豪州産牛肉などの(価格)高騰を招く」と政府に再考を求めた。輸入再開の条件をめぐって米国が「全頭検査は科学的根拠がない」として
難色を示しているのに同調した形だ。

 この後番組に登場した亀井農相は、日本では昨年に全頭検査の結果、従来は安全だとされていた1歳11カ月と1歳9カ月の若い牛の感染が確認されたことなどを挙げ、全頭検査が必要だとの考えを譲らなかった。国内外の関係者を巻き込んだ論争はまだ続きそうだ。【上田宏明】(毎日新聞)

先日2chから転記したモノのソースっす

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【毒づき】お笑いの神様

Yahoo!ニュース - 社会 - 毎日新聞

<飲酒運転>一晩に2度検挙、中学教諭を懲戒免職に 熊本

 熊本県教委は13日、生徒名簿などを記録した光磁気ディスクを紛失した上、一晩に飲酒運転で2度検挙された県内の中学の男性教諭(40)を懲戒免職処分にした。県教委によると昨年11月18日、教諭はMOを紛失。同21日、拾い主と会う際、飲酒運転で検挙されたが、帰宅のため再び車を運転し検挙された。(毎日新聞)

笑いました。
この男性教諭にはお笑いの神様が降りたにちがいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.13

吉野家社長「根拠のない安心基準で輸入ストップは消費者のためではない」

NHKニュース10に出演した吉野家ディー・アンド・シー社長の安部修仁は、
「不確かな安心基準で輸入禁止ではなく、科学的な明確な安全基準で輸入
再開の協議をすべきだ」「日本の措置は過剰な面がある」とインタビューに
答えた。

それに対して亀井農相は「日本側は全頭検査、危険部位の除去は当然の
処置である」「我が国では国際基準から漏れたBSE発症の牛が確認された
ため、それに沿って安全・安心を提供できる基準になっている」と反論した。

==以上2chより転記============================

吉野家の社長の見解の誤りを私が勝手に訂正。
「不確かな再開の協議ではなく、科学的な明確な安全基準で輸入禁止継続の協議をすべきだ」
「アメリカの措置は不足である」

社長が上のコメントを言えれば、今後も吉野家の牛丼を安心して食べれるのだけれども、
現状では不信すぎて食えぬ。米国産牛輸入をアメリカに遠慮した中庸対策で再開しても米国産牛肉への不信は消えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.12

米国産牛BSE発生に対する外食産業各社のコメント一覧

松屋の食材に関する情報公開
http://www.matsuyafoods.co.jp/ir/press/pdf/031225BSE.pdf
吉野家の食材に関する情報公開
http://www.yoshinoya-dc.com/news/bse.html
牛角の食材に関する情報公開
http://www.reins.co.jp/bse.html
安楽亭の食材に関する情報公開
http://www.anrakutei.co.jp/safety/safety.html


2chより転記

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.01.11

[米国狂牛病輸入再開されても絶対食べてはいけない]

米国での牛肉の解体作業において、危険部とされている個所の組織が通常の肉に混入してしまう事があるそうです。
調査した結果、30%の解体作業で混入、
改善した後も10%の解体作業で危険部が通常の安全肉に混入してしまうとの事です。

今週号の週刊文春より
[米国狂牛病輸入再開されても絶対食べてはいけない]記事より

詳しくは記事参照してください。

安全な部位の肉でも危険ですね。
よく吉野家などが当社は安全な部位の肉を使用しているのでまったく問題ありませんと
弁解していますが、危険かもしれませんね。
このくらいの記事は関係者なら見ていると思うけど
外食業界は総じて無視かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.08

【EQ日記2】

こんな私もようやくとあるギルドにお世話になることになりました。
詳しくはまた今度

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.07

【ダスキンが危ない!?】

どっかの記事でネット上で人は現実社会にくらべて他人に厳しく、
また懲罰的になると見た覚えがありますが、それは正解です。少なくとも自分においては。
私は人を批判できるほどの優れた人間ではないです。
他人は批判しつつ自分の事は思いっきり棚に上げてます。はい・・・
がははっは

ということで今日も批判いきまーす。

【ダスキンが危ない!?】

2004/1/6のYahoo newsより
Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

ダスキン除菌剤に異物 公表せず2000本回収

 清掃用品レンタル大手のダスキン(大阪府吹田市)が販売する業務用のアルコール除菌剤の一部に鉄粉などの異物が混入していたことが6日、分かった。同じ製造ラインで生産された除菌剤(4リットル)のボトル約2000本を自主回収したが「人体に影響ない」として公表していなかった。
 同社によると、熊本県内の消費者が昨年12月19日、除菌剤4本に異物が混入していると指摘。調査した結果、同23日に鉄粉と藻が少量見つかったという。
 除菌剤は飲食店向けの業務用として販売。ボトルへの充てん過程で、工場内の浮遊物から入ったらしい。
 同社広報室は「保健所にも相談したが、家庭用ではなく顧客が限られ、販売ルートの追跡調査が可能だったため
公表しなかった」と話している。(共同通信)<引用ここまで>


この記事どっかで見たことあるような気がして検索したら見つかりました。皆さんもご存知のこの件です。


スポニチアネックス 社会 記事
ダスキン強制捜査へ

 ドーナツの全国チェーン「ミスタードーナツ」の肉まんに法定外添加物が混入していた問題で、大阪府警は21日、運営会社の清掃用品レンタル大手「ダスキン」に対し、食品衛生法違反の疑いで本格捜査に乗り出す方針を固めた。22日にも大阪府吹田市のダスキン本社を家宅捜索する。同社によると、ミスタードーナツは2000年、食品衛生法で使用が認められていない酸化防止剤t―ブチルヒドロキノン(TBHQ)を含む肉まん1300万個以上を販売するなどした。同年11月末に製造を委託していた業者の指摘で、皮の部分にTBHQが含まれる植物油が原料として使用されていたことが分かったという。

 ダスキンは「業者からの指摘で原料の使用はやめたが、在庫製品の検査で成分を検出しなかったため販売を続けた」としており、大阪府にも報告している。<引用はここまで>2002/5の記事です


今回と前回の記事は食品と非食品などの単純に比べてるものではないのかも知れないが
この企業は悪いとおもいつつ公表しないのは変わらないようで。トホホ
消費者が色々詮索をしちゃいますね。

その内また同じ事やりそうですね。
「気づいていたが取引先の企業に迷惑が・・
「気ずいていたがもう出荷していたので・・・

この企業調べてみると過去にも色々ありますね。
http://nsearch.yahoo.co.jp/bin/search?p=%a5%c0%a5%b9%a5%ad%a5%f3&to=0&or=0&b=1&st=n
ニュース検索したら悪いことしか出てこないっす(汗

こんな記事も
Yahoo!ニュース - 経済総合 - 共同通信

ダスキンが内部告発制度 一連の不祥事を反省し

 清掃用品レンタル大手のダスキン(大阪府吹田市)は1日、社内の違法行為を社員が相談できる制度を導入したと発表した。
 肉まんの法定外添加物使用など昨年から不祥事が続いており、風通しのいい企業風土をつくるとともに、法令順守体制の確立を目指す。
 これは「内部告発制度」で、相談の受付先として、担当役員と3人の専任スタッフでつくる社内窓口と東京の法律事務所を設けた。
 社内で法令に違反する行為や社会倫理に反する行為を見つけた社員は、どちらかの窓口に電話や電子メールなどで相談できる。匿名の相談は認めていない。(共同通信)2003/12/1
<引用ここまで>

こんな不祥事の多い企業で匿名の投稿できないなら私だったら絶対しないよ。怖くて出来ないです。
多分投稿しても揉消されて左遷なんて?邪推してしまいます。(汗

私は去年、ダスキンの関連会社ナックの株を購入し、いくらか儲かりました
今はもう売却済みでナック株は所有していないんですが、未だにナックからの業績の報告が家にきます
大変好感の持てる企業なのですが、このように調べてみると良い面ばかりではないようで
買うのを控えざるおえません(怒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.05

吉野家の社長ついて(名前は知らん!)

吉野家の社長(名前は知らん!)についてである
ご存知のとおりアメリカでBSE感染牛が見つかり、日本政府はアメリカ牛の輸入を停止しました。

その後開いた会見で吉野家社長(繰り返すが名前は知らん!)は以下の内容をしゃべりました。
1.使用している肉はばら肉なのでBSEの感染に影響の無い部分なので安全である
http://www.yoshinoya-dc.com/news/bse.html
2.記者会見で吉野家の肉は1ヶ月間分保存してあるので営業に問題ない。

1に関して
確かに正論ではあるが、これを見た消費者のいったい何人が納得して牛丼を食べるであろうか
もし本当に安全であるならばなぜ日本政府は輸入を停止したのか
牛の解体時に本当に背骨に傷つけないように本当に解体しているのだろうか、もしかしたら背骨の血液が他の肉に飛び散っているかもしれない。
全頭検査をやらないような国にその保証は・・

2に関して
今思いっきり営業に影響でてますよね(トホホ

話は変わるが、かなり以前(並盛りが400円の頃)吉野家が期間限定で牛丼の値段を下げた際に
とある新聞に吉野家社長のコメントが載っており「今後恒久的な値下げするつもりはない。他社とは違い値下げ戦争には巻き込まれない」(この時デフレの影響で松屋が牛丼を急激に値下げしていました)
とおっしゃていました。そのわずか2,3週間後にいきなり並盛り400円から280円に値下げをしたのは周知のとおり

しゃべること、やること皆おかしいのである。
外食業界の前田@みずほ銀行である
(みずほ銀行頭取:妙にかっこつけたり,顧客優先じゃなく自社の都合優先なところね)
社長、ご自分企業の擁護に必死になるのは当然ですが、自社の製品を安心して家族に食べさせられますか?
もう一度会社更生しないとわからないのかい!

私個人は吉野屋の牛丼は好きですよ、
日本に帰ってきて最初に食べてのは吉野屋の牛丼でしたし(深夜だったのでそこしか無かっただけですが)週に1回は食べますよ。ただ社長の姿勢ひいては会社の姿勢に疑問を感じております。

あー牛丼が食べてたくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »